告知

裾野市をICT化したいワークショップ

【裾野市チャレンジオープンガバナンス2017】
裾野市が参加している東大のチャレンジオープンガバナンスの
イベントの一環で裾野市をICT化するにはどうしたらいいか
皆んなで考えるワークショップを開催します。

「チャレンジオープンガバナンスの説明」

「裾野市の今年の課題」

20171116_COG裾野チラシ

【イベント内容】
日時:11/16(木) 18:00-20:00
場所:裾野市役所 多目的ホール
内容:
・オープンガバナンスとは
「行政だけ」「市民だけ」ではない境界線を気にしない
新しい枠組み、公民協業、公民連携によって作り出せる
価値とは何か、簡単にお話しします。
・裾野のICTに対して市民がどう思っているか
・地域のICT関係の人材って少ないの?
・本当に地域の人に需要があるの?
・これからプログラミングが必修化されたり
データやAIが溢れる社会になっていくときに
このまま取り残されてはいかないか?

日常生活、子供の教育、自治体のシステム、仕事、など課題はどこにある?
地域の高校生向け勉強会を何回かしてみたけれど、その結果はどうなの?

・原因は何か、原因は解決可能なものか
・人がいない、ITの仕事がない(ように見える)…その原因は?
・デザイン思考を使って、人を中心において解決策を考えてみる!
今回は4コマ漫画のようなものを利用したいと思います。

そんなインプットと、データを見ながら親子でお話できる場にしたいと思います。
もちろん、親御さんだけでもオッケイです。
昨年同様、今回もデザイン思考取り入れて、動く活動して見ましょう。

申し込みは不要です、ぜひ裾野市に関わりのある方、縁のある方はご参加下さい。

セピアキャット

昨年Code for Numazu が主催したUDC2016 in 三島にて最優秀賞を受賞したセピアキャットが
その後も活動を続け、WEBサイトをリリースしました。
三島の今昔写真をマップ上に表示させることで、三島の歴史に触れたり、世代間交流のきっかけになったり、ちょっとした観光案内として様々なシーンで活用することができます。
また、取り込んだ写真をオープンデータとして保存することで、
市民向けデジタルアーカイブとして写真を残すことも可能です。

<セピアキャットHP> https://sepiacat.herokuapp.com/about

9月から11月までの3か月にわたって三島のまち全体を舞台に見立てて開催する、登録参加型の市民文化フェスティバル「みしまの文化百花繚乱」にセピアキャットが参加します。
(このイベントはUDC2017にも含まれます)
三島の古い写真とエピソードをみなさん是非お持ち込みください。

【日付】2017年9月2日(土)
【場所】静岡県三島市本町3-29本町タワー4F 三島市民活動センター
【受付時間】9:30~16:30 出入り自由、見学のみも大歓迎です。
【お持ちいただく物】
・三島市(または近郊)の古い写真
※ご自身や家族が撮影されたもの、もしくは版権をお持ちのもの

<主催>
みしまセピアキャット
<共催>
Code for Numazu、CSOD、UDC2017実行委員会

<DoorKeeper申し込みページ>
セピアキャット UDC2017〜百花繚乱〜

アーバンデータチャレンジ静岡キックオフ案内(9/10)

アーバンデータチャレンジの静岡県のキックオフイベント開催します!
それに伴い、クラウドファウンディング始めました。

今回は、他のエリアの実務者や、グラレコ、県内の各課題に対応して
活躍している人たちを集めてミートアップも含めたイベントとして
開催する予定です。

<クラウドファウンデイング サイト>
https://faavo.jp/shizuoka/project/2108

もう始まっている地域、そうでない地域、互いに学びながら
大きな良い地域になっていきたい。そんな気持ちも多くあります。
ぜひ、ご支援よろしくお願いします。

wikipediatown 沼津 #2(告知)

前回好評をいただいたWikipedia Town の第2回目を開催します。

今回は清水柳北1号古墳、子ノ神古墳をターゲットとして記事を編集します!

WikipediaTownを目指して
情報を調査、収集、編集することで地元をもっと好きになろう!
1、見る・歩く
2、調べる・編集する
3、好きになる
で地元への愛着心を育て、情報発信していきましょう。

【編集ターゲット】
・清水柳北1号古墳 【Wikipediaに記載なし】
http://www.city.numazu.shizuoka.jp/shisei/profile/bunkazai/kofun/shimizu.htm
沼津で作られた最後の古墳
・子ノ神古墳 【Wikipediaに記載なし】
http://www.city.numazu.shizuoka.jp/shisei/profile/bunkazai/kofun/neno.htm
沼津市に残る3基の前方後円墳のうち一番新しい古墳

【タイムスケジュール】
9時集合  金岡地区センター(予定)
9:00- 9:10  イントロダクション
9:10- 9:40  WikipediaTownの説明
9:40- 9:50  対象古墳の基礎知識・本の紹介(基本は現地での説明)
10:00-10:30  清水柳北1号古墳 車で移動
10:30-11:00  清水柳北1号古墳 現地調査
11:00-11:30  子ノ神古墳 車で移動
11:30-12:00  子ノ神古墳 現地調査

12:00-13:30  食事&図書館に移動

13:30-17:00  図書館でWikipedia編集作業
17:00-17:30  発表、解散

Wikipedia Town in 沼津 #2

Code for Numazu第12回定例会(告知)

2017/5/6(土) Code for Numazuの第12回定例会を行います。
初めての方も是非ご参加下さい。

定例会のアジェンダは以下の通りです。

1、情報共有(13:00-13:30)
・チャレンジオープンガバナンス、
アーバンデータチャレンジ、
LODチャレンジなど
・WikipediaTown

2、各プロジェクトの進捗報告(13:30-13:50)

3、ワークショップ(14:00-16:15)
・5つ星オープンデータの作成、登録
・あいあい自動車の活用法
など現在検討中

4、その他議題があれば(他と調整)

5、LT(16:30-17:00)

申し込みは下記からお願いします。

 

Code for Numazu 第12回定例(5/6)

Wikipedia Town 沼津#1

4/9(日)はWikipedia Town沼津#1~沼津の古墳をデータ化しよう~を開催します。

沼津市には実は歴史的な資料や日本最古と言われる古墳があることをご存じですか?
実は古墳が3つ以上あったりする沼津市ですが、あまり知られていません。
自分達で調べてもっと多くの人に知ってもらえるようwikipediaに登録して情報を発信し、
多くの人に沼津のことをもっと知ってもらおう!

高尾山古墳は、東日本でも最古クラスの古墳と言われています
http://style.nikkei.com/article/DGXMZO87241610V20C15A5000000?channel=DF280120166609&style=1

Wikipedia Townで地元をもっと好きになろう!
 1、見る・歩く
 2、調べる・編集する
 3、好きになる 
で地元への愛着心を育て、情報発信。

【編集ターゲット】
 ・長塚古墳【Wikiなし/ソースの確認】
 ・高尾山古墳【Wikiあり/追加ソース確認と現場確認】

 ※遺跡、古墳に詳しい方や、歴史を学びたい親子連れでも
  参加しやすいようにしたいです。
 ※事前に、第三者確認できる書籍や冊子、新聞などの情報を
  ある程度収集しておくとよいと思います。
 ※参加される方は、事前にWikipediaの編集用の
  アカウントを作っておきましょう。

【タイムスケジュール(仮)】
午前 9:00-12:30
 ・Wikipediaの基本的な知識を勉強
 ・該当する重要文化財を現地に確認に行く
  
午後 13:30-17:30
 ・編集項目のチーム分け
  (情報収集、メモ整備、入力など担当をわける)
 ・沼津図書館で、書籍や古文書から文化財に対する記述を
  確認し記載されている書籍、ページ、項目をメモする。
 ・Wikipediaの編集のお作法にのっとり、下書きをする。
 ・Wikipediaに、文章を登録
  16:15にいったん作業を切り上げて、発表です。
  さらに編集したい人はラクーン移動して仕上げます。

【場所】
午前中 金岡地区センター(予定)
    現地散策
午後  沼津図書館 会議室(予定)

【参考予定資料】
沼津図書館
【高尾山古墳】
<貸出不可>
高尾山古墳発掘調査報告書沼津市文化財調査報告書 
第104集 (図書/郷土資料)

【長塚古墳】
<貸出可能>
・沼津市史 資料編考古
・長塚古墳・清水遺跡発掘調査報告書沼津市文化財調査報告書 
第68集 (図書/郷土資料)
<館内用>
・広報ぬまづ 昭和37年5月1日〜昭和42年3月15日 67.3月(図書/郷土資料)
・スルガ国東部古墳群(図書/郷土資料)

WikiPediaTown沼津#1~沼津の古墳をデータ化しよう~

オープンデータデイ2017 静岡東部 in 三島(告知)

3/4はインターナショナルオープンデータデイ!
世界中で同時開催され、昨年度は67都市で開催され日本での
開催は4回目となる今回のイベント。

オープンデータを知って、触って、わたしたちの住む地域を調べてみよう!

<第一部> オープンデータの基礎知識&カンファレンス(10:00-12:00)
・静岡東部のオープンデータの講演
・各自治体からのオープンデータを利用した事例の紹介
・三島ハッカソンの結果報告やその後の展開
・その他、各自治体の取り組み、今後の計画のお話
・ディスカッション

<第二部> 見える化ワークショップ(13:30-16:45)
【地区毎に分かれて課題の確認(仮説でOK)】(13:30-14:15)
・東部の自治体さんから、困りごとや課題を共有
・自分たちが普段おもっている課題もとりあげる
・それを証明するには、どんなデータが必要か検討
【データを触りながらの、見える化】(14:15-15:15)
・静岡東部の大きな地図を用意し、データを見ながら各チーム地図上に分かったことを記入
・地図全体を見渡し(周辺地区とかも見ながら)課題を明確にする
【今後必要なデータ、どんな東部にしたいかの明確化】(15:15-16:15)
・私たちの住む静岡(東部)をどんな姿にしていきたい?
・じゃあ、どんなデータがあれば、どんな活動があれば近づくか考えよう!
【みんなで共有、質疑応答】(16:15-16:45)
・各チームの発表を聞きながら、質疑応答

 

a class=”doorkeeper-registration-widget” href=”https://0168e91711e4c480d710c70399.doorkeeper.jp/events/56279″>オープンデータデイ2017 静岡東部

Code for Numazu 第11回定例(告知)

日時 2/5(日) 13:00-17:00
場所 ラクーンさん

今回は、子育て世代と、マッピングパーティをテーマに
家族のつながりと、地域のつながりを考えていこうと思います。
まだ、枠はあるので、企画がある方はご相談ください。

————————–———————–
<アジェンダ案>
・Icebreaker(13:00-13:10)
・プロジェクトの進捗状況確認(13:10-13:40
進展があったプロジェクトは報告をお願いします。
様式整えますね、1案件5分ぐらいでできるといいね
・ラブライブ!サンシャイン!!てくてくマップ状況報告
・セピアキャットのキックオフ結果
・グラレコポータルの進め方
・マッピングパーティやろうよ!

・子育て世代に情報の見える化で何ができるか!(13:40-14:50)
・各地の子育て世代向けシビックテック+行政例の紹介 15分
・のと・ノット・アローン
・保育園マップ
・裾野市の子育て支援アプリ
・先行地域と横並び比較しよう(ワークショップ) 35分
・生駒市の公開情報を調べておく(市川宿題)
・富士、沼津、三島、裾野、御殿場、伊豆の国、長泉町、清水町、函南町あたりのHPを確認し情報が公開されているか比較表を作る。
・比較結果を検討 30分
オープンデータとして依頼?
ない部分、劣ってる部分と、流入流出に影響あるか
ITでできること、できないこと。(方法纏める)

・一休み、ブレイク(14:50-15:00)

・マッピングパーティで必要項目考えよう!(15:00-15:45)
・3チームに分かれてブレスト(30分)
・子育てチーム
・地域の宝チーム
(ラブライブ!サンシャイン!!や歴史物など観光系ここ)
・高齢化対策・障碍者支援
・残りの時間で取りまとめ(15分)
→ 次回のマッピングパーティに活かすよ!

・共有事項&何かネタがある方向けに呼び枠(15:45-16:30)
何もなければ、Slackワークショップ

・第1回LT大会(16:30-17:00)
まだ、募集しているよ。

裾野の課題を解決しよう!#3プレゼン大会(告知)

裾野市では、データを活用し、地域課題を解決するコンテストとして下記のチャレンジ・オープンガバナンスに参加しています。
http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/padit/cog2016/

市民も変わる、行政も変わる!!オープンガバナンス
市民も変わる:地域の課題の解決に自分の問題として取り組む市民が増えていきます
学生も変わる:市民参加型社会を担う未来の市民に自らを磨く学生が増えていきます
行政も変わる:知識と経験を活かして市民参加型社会のプラットフォームとなります

第一回では、課題の原因分析と、アイデアの形作りを行いました。
第二回では、アイデアを具体化し、実施する価値のある形とするためにプロトタイピングを実施しました。
第三回では、前回のアイデアをプレゼンで発表
【12/27のイベント内容と募集要項】
・日時:12/27(火) 18:00-21:00
・場所:裾野市役所 地下多目的ホール
・内容:アイデアのプレゼン大会
・参加者:裾野市に縁のある方ならどなたでもOKです
学生さん、親子連れ大歓迎。
・主催:Code for Numazu代表 市川 博之
(ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ株式会社 シニアコンサルタント)

・タイムスケジュール
18:00-19:00  アイデアの最終プレゼン準備&リハーサル
1、アイデアの内容
寸劇を通じて作成した、ストーリーを図にしましょう。
2、アイデアの根拠
データの裏づけで利用した内容を纏める。
3、アイデア実現までの流れ
一緒にやって欲しい人達をどのような手順で巻き込んでいくか。
4、アピールポイント、将来の夢
19:00-20:00  プレゼン&質疑応答
20:00-21:00 懇親会

当日までに、ビジネスプランのアドバイスを各チームに返却します。
取り入れられるところは取り入れましょう。

【チャレンジオープンガバナンス 2016とは】
<チラシ>
https://drive.google.com/file/d/0BxzX3o1aDQqnWDdYWE5qU3I4Z3M/view
<サイト>
http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/padit/cog2016/

データを活用し、地域課題を解決するコンテストです。

1、自治体からの課題募集(6月~8月:裾野市の課題は提出済み)
2、市民/学生の解決アイデア募集(9月~12月:今回の裾野で達成する目標!)
3、審査と改善アドバイス(来年1月~4月)

今は、2の段階です。

【チャレンジオープンガバナンス 裾野市が提出している課題】
http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/padit/cog2016/area/chubu.html#susono-shi

ツイートしてもらえるまちに ~裾野市の誇りを育てろ大作戦!~
裾野市はWEBサイト、Facebookページ、広報紙、CATV、個別受信機(無線放送)など、複数持っており、情報発信も日々行っています。
しかし、市民からTwitterやFacebook、InstagramなどSNSで話題にあげてもらえることは多いとは言えません。
現在、行き詰まっている若い世代のシビックプライド(裾野市への愛着心、誇り)の醸成に取り組むことで
長期的な裾野市の魅力の発信力を向上させたいと考えています。

【Code for Numazuが考えている全体の進め方】

1、アイデア発散&課題の真因検討(11/12 土曜 日中)
【完了】

2、アイデアのプロトタイピング(11/27 日曜 日中)
【当日】

3、ビジネスコンテスト風プレゼン大会(12/27 火曜 夜)
・完成させたリーンキャンバスをメンターや投資者役の方に見せて
どうすれば、投資してもらえるかも含めてアイデアをブラッシュアップ
・最終プレゼン、ここで、市民の方々に協賛金募ってもやりたい!企業の方々に
そのアイデアをうちの会社と一緒にやろう!行政に、公民連携でやっていこう!
という状況を作り出す。アイデアから来年には形に落とし込む段階とする。

参加者:課題解決検討チーム
メンター・投資者役:行政、各団体、企業の方々

ゴール、上記の結果として下記3つのシビックプライドを作り出す!
・裾野のシビックプライドを醸成させる取り組みがいくつか出る
(活動展開によるシビックプライド醸成)
・今回参加してくれた方々の心の中に、シビックプライドが醸成される
(裾野のことを本気で考えるシビックプライドの醸成)
・今回の参加者、知った方々の連携により、今後の市民活動を牽引する
(市民自体が必要と感じ動いて解決する仕組みとしてのシビックプライド醸成)

【チャレンジオープンガバナンス 裾野】
下記が、公式サイトの応募要件です。

以下の要件を満たす市民/学生のチーム
(1)応募自治体(※1)に住む、あるいは通う、もしくはその課題解決に強い熱意があるなどの何らかの形で地域に縁を持ち、
住民目線(※2)で地域課題の解決に貢献したいと考える市民/学生(※3)のチーム
ただしチームのリーダーは、応募自治体に住む、あるいは通う条件を満たしている必要があります。
※1 応募自治体とはエントリーされた自治体組織のことで、政令指定都市の行政区で応募された場合もCOG2016では当該行政区を応募自治体として扱っています。
※2 公共サービスを受ける住民であるとともに、納税者である住民の目線。
※3 学生には高校生、専門学校生、大学生、大学院生を含みます。
(中学生以下だけのチームは応募できませんが、子供目線が必要などの理由で市民/学生のチームに加えることはできます)
(2)市民だけのチーム、学生だけのチーム、その混成いずれでもご応募いただけます。
(3)チームメンバーは、上記(1)の要件を満たしている個人(市民/学生)ですがその職種(応募用紙別紙参照)は問いません。なお、他地域に住んでいる市民/学生が上記(1)の一行目「もしくは」以下の要件を満たして当該地域課題の解決に貢献したいお気持ちがあればメンバーの一員に加わることも構いません。
#3プレゼン大会

Code for Numazu 第9回定例会 グラレコやるよ(開催案内)

Code for Numazu1周年。
 今年1年の振り返りと、次のステップに向けての話し合いです。グラレコ講座あるよ
<アジェンダ>
1、Icebreaker          (13:00-13:15)
2、のぞみ先生によるグラレコ講座 (13:15-15:00)
  ・これから、もっと、みんなで、沼津を見える化しよう
  ・今回の市川からの情報共有は、プレゼン形式でやります。
   これをグラレコの特訓に使いましょう。とりあえず5本は用意します。
    ・アーバンデータチャレンジ各地の共有
    ・オープンガバナンスに向けた取り組み紹介(裾野市)
    ・沼津市役所との打ち合わせ結果共有
    ・Code for Japan Summit 2016の共有
    ・会津での実証実験説明会の様子
3、Code for Numazu開始から1年の振り返りと
   2017年にやりたい事を取りまとめ (15:00-16:30)
  ・各地で活動する人たちを増やして、連携できること目指したい。
  ・オープンデータって言い方じゃなく、「見える化」をキーワードに市民にまずは知ってもらいたい。
  ・1年間で、できたこと、できなかったこと
  ・次のステップへ!2017年どうするか
  ・たぶん3月にある、インターナショナルオープンデータデーを市民の皆さんに、
   この活動を知ってもらうための大きな場にしたい。
   どこかの行政と組んで、大きく市民を集め、基調講演+データで、
   見える化ハンズオンをまたやりたい。
などの予定です。
※グラレコ用の画材はこちらで用意しますが、
準備できる方はスケッチブックと水性マジックペンを2色持参してもらえると助かります。

第9回定例

裾野の魅力と誇り、考え伝えよう!#1 課題検討&アイデアソン

「裾野の魅力と誇り、考え伝えよう!#1 課題検討&アイデアソン開催」

裾野市では、データを活用し、地域課題を解決するコンテストとして
下記のチャレンジ・オープンガバナンスに参加しています。
http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/padit/cog2016/

– 市民も変わる、行政も変わる!!オープンガバナンス
– 市民も変わる:地域の課題の解決に自分の問題として取り組む市民が増えていきます
– 学生も変わる:市民参加型社会を担う未来の市民に自らを磨く学生が増えていきます
– 行政も変わる:知識と経験を活かして市民参加型社会のプラットフォームとなります

せっかく、課題を出してくれているのに、裾野に縁のある方々が動かないのはもったいない。
本当に役に立つ、楽しい、ほしがる解決案を考えよう!
という趣旨でアイデアを作り上げるためのイベントを開催いたします。

————————————————
○【11/12のイベント内容と募集要項】
・日時 :11/12(土) 10:00-17:00
・場所 :裾野市役所 地下多目的ホール
・内容 :裾野の魅力が発信できていない原因分析と、解決アイデア発散
・参加者:裾野市に縁のある方ならどなたでもOKです
学生さん、親子連れ大歓迎。
・主催 :Code for Numazu代表 市川 博之
(ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ株式会社 シニアコンサルタント)

————————————————
・タイムスケジュール
10:00-10:30  オープニングトーク
チャレンジ・オープンガバナンスの趣旨説明
裾野市が挙げてくれた課題の説明
12月までのアイデア検討の流れの説明
・10:30-10:45  Icebreaker(頭を柔らかくするアクティビティ)
・10:45-12:15  原因分析ワークショップ1 イシューツリーの作成
・12:15-13:15  お昼ごはん(各自持参でお願いします)
・13:15-14:00  原因分析ワークショップ2
原因を解決した際の効果分析
・14:00-15:20  チームごとにアイデア発散
課題を解決するアイデアを発散させます
掛けあわせで利用する、オープンデータや最新技術については
事前に準備しておきます
・15:20-15:40   チーム内で出たアイデアを他チームへ共有
・15:40-16:00  アイデアシート作成
・16:00-16:20  各自のアイデアを見て回る、相互投票
・16:20-16:50  課題検討チーム結成
各チームのアイデアの説明と、サービスについて
5W1Hで語れるようにします。

・次回までの宿題
出てきたアイデアを、皆さん持ち帰り「家族」「友人」「同僚」「近所の人」にヒアリングし
よい点、改善点など意見をもらい、次までにさらにブラッシュアップしましょう

・協力、協賛は現在募集中です。

————————————————
○【イベント開催の背景」
・主催者の地元が裾野市なので、地元の方々と一緒に考えたい。
・裾野市でうまくいく活動ができれば、静岡東部、全国へと活動を広げ、裾野市発の取り組みとし
若い市民の皆さんにも活動できる場、誇れる裾野と思えるものをみんなで作りたい。
・裾野市に縁のある、やる気のある方々、考えがある方々がつながれる場を提供したい。
・Code for Numazuとして培ってきた、アイデアソン、データから見た課題解決の知見を
裾野でも横展開して、地元の方々に考える機会、活動の機会にしてほしいと思っています。
12月末の解決アイデア募集締め切りまでは、総合メンターとして伴走させていただきます。

 

課題検討&アイデアソン

 

ocg%e7%ac%ac%e4%b8%80%e5%9b%9e%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7-01

マッピングパーティー開催のお知らせ(告知)

マッピングパーティ第二弾を11/5に開催します。
今回は、ラブライブ!サンシャイン!!の聖地マッピングしながら
地点情報として情報集めをする予定です。

・商店街では、シャッター街のお店の位置の調査
(アーバンデータチャレンジの続きでデータ集め)
・現地の方々にランチや休憩に良い場所を紹介してもらいながら
「商店街」「沼津港」「内浦」などチームに分けて
Rallyというスタンプラリーサービスに登録
・フリーWifiがある場所を確認して登録
・たかラボに置いてある名産品が売っている場所を調査

今回は、お店の属性を取ってきたり、地元の方々との交流もやりながら進める予定です

申込については事前にチーム分け等をする関係上、Facebookページより行っています。
https://www.facebook.com/events/1518582324822431/

タイムスケジュール(仮)
10:00 説明
11:00 フィールドワーク出発
15:00 チェアマッピング&ラリー作成
17:00 解散

※マッピングパーティーに必要な予備知識
<フィールドワーク時に使用するツール(いずれか)>
・my Tracksの使い方
http://www.slideshare.net/ssuserec4739/my-tracks-59684639
・OSMTrackerの使い方
http://www.slideshare.net/ssuserec4739/osm-tracker
・フィールドペーパーでのマッピング方法
http://www.slideshare.net/ssuserec4739/ss-59809370
・Mapillary
https://www.mapillary.com/
・写真撮影での位置情報の取り方。
iphone:
設定→プライバシー→位置情報サービス→カメラで許可するを選択
android:
カメラ起動→設定→共通→位置情報付加ON


<チェアマッピングの際に使用する地図の入力方法>
・OSMの使い方
http://www.slideshare.net/KenyaTamura/openstreetmap-29424792?qid=3e69bd4a-5976-48dc-a3f8-22cbd51a3a7f&v&b&from_search=9
・OSMの使い方2
http://www.slideshare.net/mamitomita96/openstreetmap-34067460?qid=3e69bd4a-5976-48dc-a3f8-22cbd51a3a7f&v&b&from_search=14

 

マッピングパーティー2