お問い合わせ

Code for Numazuで解決して欲しい沼津市の課題や、実施して欲しいイベント
ご意見・ご要望などございましたら、こちらにコメントとして記入いただくか
FBグループへ投稿をお願いいたします。

2 thoughts on “お問い合わせ

  1. こんばんは。夜分遅くに申し訳ありません。
    私は日本大学国際関係学部 富桜祭実行委員会の笠間勇次と申します。

    この度、富桜祭実行委員会では新企画としてラブライブ!サンシャイン!!の企画を進める計画をしております。
    ぜひ、Code for Numazuの方々にも協力していただけると嬉しいと考えております。

    「てくぬま」を制作した時のお話などを伺いたいので、大変申し訳ございませんが、メールをお送りいただけないでしょうか…?
    ご多忙のところ申し訳ありませんが、ご検討をお願いします。

  2. いつもお世話になっております。
    私は東京にあります、一般財団法人地域活性化センターの篠田と申します。
    突然の連絡となり大変申し訳ございません。

    当財団は昭和60年に総務省の外郭団体として発足し、全国の地域づくりに関する取組を支援する団体です。

    大きな取組としては月間の「地域づくり」という情報誌発行をはじめとする「情報の提供と調査・研究」、市町村の地方自治体や地域づくり団体を対象とした助成金を交付する「まちづくりなどへの助成・支援」、地域づくりを推進する人材育成を行う「ひとづくり・ 研修・交流」といった3本柱で運営をしております。今回は人材育成の一環として活用いただける土日集中セミナーのご案内をさせていただきたく、ご連絡いたしました。

    今回ご案内させていただくセミナーは、官民が持っている情報を地域に役立てる手法を学ぶオープンデータに関するセミナーでございます。
    (https://www.jcrd.jp/index.php?option=com_content&view=article&id=1660)

    皆様におかれましては日頃より携わられている内容ではございますが、講座とワークショップを通して地域課題をどのようにとらえ、オープンデータをどのように活用していくかなどを先行事例も交えながら、ICTの知識のない方にも分かりやすい内容で開催します。
    また、多くのフィールドで活躍されていらっしゃいます7名の講師の方にご登壇いただきます。
    大変失礼なお願いではございますが、より一層の利活用推進にむけて、ご参加およびご周知のご協力をいただければ幸甚に存じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です