UDC静岡2018キックオフ

2018/9/15

静岡県静岡市にてアーバンデータチャレンジ(UDC)静岡2018キックオフが行われました。

静岡地区のメンターを含め、Code for ふじのくに ・Code for KakegawaCode for Mikawa・オープンデータ湖西のメンバーが集まりそれぞれの活動紹介とパネルトークなど行いました。

Code for ふじのくに

 昨年のUDCで行った静岡&台湾友好ハッカソンについてと、

 その後優勝者が台湾で行ったプレゼン、スマートシティエキスポについてと

 すでに7月と8月に行った裾野での「すそのん3Dモデリング&Unityゲーム作成勉強会」と「データ&アイデアソン」について話されました。

Code for Mikawa

 静岡地域のキックオフですが、近隣で活躍しているブリゲードとも交流を持とう!という事で豊橋を中心に活動していてお呼びした三河ですが

静岡県西側の地域とは既に知り合いがいたり、イベント参加したことがあったりと交流が既にあり和気藹々とお話することができました。

 三河では「3大学連携ハッカソン」や「スペースハッカソン」「ブラトヨハシ」といったマッピングパーティーとWikipediaTownを合わせた活動、路面電車の運行状況見える化アプリ「のってみりん」でBigData収集やお祭り時に出現する鬼の位置情報アプリ「おにどこ」などのアプリ作成、

名物おじさんの掛け声を自分達でオープンデータとして作成するなど数々のアクティビティを交えた活動をたくさん紹介していただきました。

Code for Mikawaの発表

Code for Kakegawa

 今年の5月に発足したばかりの掛川では、理系やエンジニアがいないと思っていた静岡中部地方でもエンジニアやデザイナーが集まり地方だからできるコトを目指して「ICTわな勉強会」や自治体で買ったはいいけど活用できていないペッパーを使った「ロボットプログラミング教室」「ChatBot勉強会」などを行い、

11/24.25GovHach掛川を開催することになったなど精力的に活動している様子を紹介していただきました。

Code for Kakegawaの発表

オープンデータ湖西

 急遽お願いしてお話いただくことになったオープンデータ湖西はメンバーの技術者不足ということで、要望がある部分で活動していく方針として遊具や水道・トイレなどの状況を記載した「公園遊具MAP」や「福祉施設MAP」、通学路の危ない場所を示したポルトガル語のMAP、「ホイールマッピング」等オープンソースを使って手間をかけない工夫をしながら沢山のマッピング活動を行っている様子を紹介してもらいました。

それぞれの活動発表をした後は活動中の課題や工夫している事などを話し合い解散することになりました。

UDC静岡2018キックオフグラレコ1
UDC静岡2018キックオフグラレコ2
Posted on: 2018年9月16日, by :

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です