UDC裾野データ&アイデアソン〜データソン〜

2018/8/18
静岡県裾野市にてアーバンデータチャレンジ静岡2018in裾野 データ&アイデアソンを行いました。

裾野市では情報発信を課題にアーバンデータチャレンジに取り組んでおり、
今年は自分達で発信するための情報を作ってみようということでデータソンという位置付けで全2回の開催をしました。

午前中は
裾野市の情報発信についての課題を参加者全員で洗い出し、
どのデータがあれば解決するか?を考えて行きました。
その中で生活に必要な情報、観光に必要な情報によって
発信方法が異なるというお話などがありました。

アイデア出し
アイデアソンの様子

まずは全ての情報の基本となる地図情報を整備するためにOpenStreetMapを作成するマッピングパーティーチームと、
裾野のことを知ってもらうために必要になる情報を調べてWikipediaに入力するWikipediaTown班に別れて情報を作成することになりました。

———————————————————————————————————————

OpenStreetMap班ではベースとなる地図の入力をしつつ、
myTracksを使って近場の公園でサーベイを行ったり、
Mapilaryも活用して簡単にストリートビューが作れる方法も学びました。
入力場所を被らないようバラけさせた結果、みなさん自分の家の近くや学校の近くを入力してました。

OpenStreetMap入力中

WikipediaTown班は事前に調べておいた五竜の滝と旧植松家住宅についてを入力することになり
裾野市からお借りした資料をもとに、記事を作成していきました。
小学生のメンバーはキーボード操作が不慣れということで、1人は携帯からもう1人は音声入力で記事を作成しました。

親子で参加してくれる方もいます!

Wikipediaの記事をスマホと音声入力で作成中

できた記事はこちら↓
五竜の滝 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E7%AB%9C%E3%81%AE%E6%BB%9D

旧植松家住宅 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A7%E6%A4%8D%E6%9D%BE%E5%AE%B6%E4%BD%8F%E5%AE%85

第1回も含めてこちらの活動とデータをアーバンデータチャレンジに提出して行きます。

Posted on: 2018年8月23日, by :

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です