UDC裾野データ&アイデアソン〜プログラミング教室〜

2018/7/28

静岡県裾野市でアーバンデータチャレンジ2018
裾野データ&アイデアソンの第一回目として3Dモデル作成とプログラミング教室が行われました。

参加者は10人程度と少数でしたが、10:00-17:00の中で
午前中を3Dモデル作成教室、午後を3Dモデルを使ったプログラミング教室を行い参加者皆には1日を通して簡単なゲームを作る過程を一から学んでもらいました。

DSCN0675

[slideshare id=107876468&doc=susonon3d-180729035414]

Scrptrisを使って粘土の球体を引き伸ばしたり、凹ませたりしながら
裾野市のゆるキャラである「すそのん」を作成しました。

DSCN0678

DSCN0677

お昼休憩を挟んで、午後からはUnityを使ったプログラミングを行います。
オブジェクトの発生のさせ方、動かし方
キャラクターの動かし方や当たり判定などを学び、降ってくるボールに
ぶつかるとキャラクターが消えてしまう、という簡単なゲームを作成しました。
皆さんなかなか思い通りにならずエラーと戦いながら進めた為
最後までできた参加者はごくわずかでしたが、クタクタになりながらも
楽しく学んでいただけたようでした。

DSCN0686

DSCN0689

次回は8/18 データを作ってみよう、というアイデアソン&データソンを開催します。

申し込みページはこちら
裾野データ&アイデアソン〜データを作ってみよう〜

Posted on: 2018年7月29日, by :

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です