Open Data Lab#1

2019/4/28

静岡県沼津市でOpen Data Lab(オープンデータラボ)を行いました。
オープンデータラボとは、オープンデータや情報利活用についてどうしたらいいの?という問題を考え、実際に手を動かしてデータは何かを理解していこう!というWSです。

第一回はCode for ふじのくに の代表でありながら、内閣官房オープンデータ伝道師に任命された市川博之氏がオープンデータについてやその背景を講義し、沼津市の人口変動を
周辺地域も含めたデータで見てみるとどう変動しているか?についてワークを行いました。
ワークではRESASやJstatMap、観光予報プラットフォームやgoogleトレンドなどを使い
1. 普段もやっとしてることを仮説としてあげる
2. 現状を調べる
3. 比較してみる
4. 結果が数値で現れる
という流れでデータを分析して行きました。
流れを覚えればいろんなデータ分析に使えるので皆さんもこの流れ是非使ってみてください!

大事なことは自分たちのデータは自分たちで作っていく(作り方も覚える)ということで、
次回のオープンデータラボはデータの作り方としてWikipediatownを行います。
6/8明治史料館で行いますので興味ある方はぜひお越しください。
WikipediaTown沼津#14

Posted on: 2019年5月10日, by :

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください