ウィキペディア・タウンin静岡市

2017/5/26

静岡県静岡市にて第1回目のウィキペディア・タウンin静岡を行いました。

http://www.city.shizuoka.jp/912_000095.html

参加者は静岡市立中央図書館に集まり、本イベントの趣旨と

Wikipediaについてを学んでからフィールドワークを行いました。

午前中のフィールドワークでは図書館を出発し、メインターゲットである

「静岡市役所本館」と「静岡学問所石碑」を目指し歩いて移動。

道中にある西草深の洋館、駿府薬園跡、RRで休憩した後、駿府城公園敷地内で家康像や発掘調査現場を周り、静岡学問所石碑と静岡市役所本館を見学しました。

帰りはバスで図書館に戻り、お昼休憩を取ります。

フィールドワークに出発

 

駿府薬園跡の石碑

 

駿府城公園のラン&リフレッシュステーション。おしゃれなカフェになっていて一般の人も利用可能。

 

駿府城公園の発掘調査現場

 

静岡学問所跡の説明板

 

静岡市役所の本館

 

静岡本館のメインエントランスにあるステンドグラス

 

午後からは図書館で執筆作業。

「静岡市役所 本館」(既存記事への書き足し)と

「静岡学問所」(新規記事作成)の2つに分かれ

必要な項目の洗い出しと誰がどの項目を執筆するか担当決めを行います。

担当者は該当項目を複数の書籍から記述を探し、自分の言葉に置き換えていきます。

静岡市立図書館の司書さんがあらかじめリファレンスで書籍を集めてくれていましたが、参加者自身が探しに行ったり、新聞記事や広報など追加でリファレンスをかけて行った結果、使った書籍は当初集めていただいた倍ほどの量となりました。

中学生の執筆作業シーン

今回の参加者は図書館の司書さんが多く「閲覧利用数の高い書籍だけではなく、地域の資料として価値がある書籍の活用方法として見える形でアウトプットがあるのはとてもいい」と感想をいただきました。

中学生の参加者もいて、自分たちで文章を作ることの難しさを感じていただきました。

完成した記事はこちらです、是非ご覧ください。
静岡市役所」「静岡学問所

Posted on: 2018年5月27日, by :

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です