裾野市をICT化したいワークショップ

【裾野市チャレンジオープンガバナンス2017】
裾野市が参加している東大のチャレンジオープンガバナンスの
イベントの一環で裾野市をICT化するにはどうしたらいいか
皆んなで考えるワークショップを開催します。

「チャレンジオープンガバナンスの説明」

「裾野市の今年の課題」

20171116_COG裾野チラシ

【イベント内容】
日時:11/16(木) 18:00-20:00
場所:裾野市役所 多目的ホール
内容:
・オープンガバナンスとは
「行政だけ」「市民だけ」ではない境界線を気にしない
新しい枠組み、公民協業、公民連携によって作り出せる
価値とは何か、簡単にお話しします。
・裾野のICTに対して市民がどう思っているか
・地域のICT関係の人材って少ないの?
・本当に地域の人に需要があるの?
・これからプログラミングが必修化されたり
データやAIが溢れる社会になっていくときに
このまま取り残されてはいかないか?

日常生活、子供の教育、自治体のシステム、仕事、など課題はどこにある?
地域の高校生向け勉強会を何回かしてみたけれど、その結果はどうなの?

・原因は何か、原因は解決可能なものか
・人がいない、ITの仕事がない(ように見える)…その原因は?
・デザイン思考を使って、人を中心において解決策を考えてみる!
今回は4コマ漫画のようなものを利用したいと思います。

そんなインプットと、データを見ながら親子でお話できる場にしたいと思います。
もちろん、親御さんだけでもオッケイです。
昨年同様、今回もデザイン思考取り入れて、動く活動して見ましょう。

申し込みは不要です、ぜひ裾野市に関わりのある方、縁のある方はご参加下さい。

Posted on: 2017年10月31日, by : h.ichikawa

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です