Code for Numazu 定例会#14

017/10/21

静岡県沼津市NPO SIDAMにて第14回Code for Numazu 定例会が行われました。

Code for numazu(第14回)定例 from Hiroyuki Ichikawa

 

——————————————————————————————–

1、シリコンバレーレポート

市川電産がSPAJAMというハッカソンでの優勝品でシリコンバレーの
企業訪問をした時の話を共有。
・エジプト出身のスタートアップエンジニアとの意見交換
・DG717でのピッチ
・EFFでディスカッション
・インターネットアーカイブ20周年記念パーティー
・Code for San Francisco Hack night
・Facebook社内見学
・Appleランチミーティング
・コンピュータ博物館見学
・Intelミュージアム見学
・Hacker Dojo見学&ピッチ
・ヤマハの西條さん、弁護士の伊藤さん湯川さんと意見交換
・SAP企業視察&ピッチ
・Googleランチミーティング
・トヨタITC企業視察
・スタンフォード大学でピッチ
というツアー内容のレポートを行いました。

アメリカでは「社会的意義を持った活動」ではないと相手の心に響かないこと、
「失敗をしていない人はチャレンジをしていない人」だと見なされること、
「デザインシンキング」で利用する人のことを考えて製品を作ること
そのために短期間で繰り返し製品を作ってはやり直すというのを繰り返すこと、
などが総じてツアーで何人もの方が仰っていた事でした。

————————————————————————————————————-

2、Code for Japan Summit 2017共有

9/22-23に神戸市しあわせの村で行われた、Code for Japan Summit 2017
についての話を共有。
(https://summit2017.code4japan.org/)
今年のサミットのテーマ「Bordeless」では障害や人種、業界様々なボーダーを
飛び越える活動をする人達が集まりセッションが行われました。
しあわせの村ではユニバーサルデザインの実験施設となっており、スタッフとして
どういう意図でテーマを取り入れたかなどをスタッフ経験をした2名からお話。
セッションでは
・Bridging the Gap
・Civic Hackers Uprising
・野良猫公務員
・21st Century Government – Design for People’s needs
についてのセッションをピックアップして共有しました。

各地でアグレッシブな行政職員がいる事、
自分から行動を起こす事の重要性などが語られました。

————————————————————————————————————-

3、静岡東部の観光データを確認しようWS

・まずは、仮説を立てよう
・資料から読み解こう
・観光予報プラットフォーム
・RESAS
・静岡東部の観光課題は何か?
→ それをアーバンデータチャレンジの
静岡東部のテーマにする!

11/18,19にCode for Numazu が共催する「静岡x台湾ハッカソン」が開催される為、
静岡東部の観光データを見ながら、ハッカソンの課題は何が適切かを考えるWSを行いました。
裾野市や伊東市からは市職員の方から事前に課題をもらっており、その他の自治体にはどう行った課題が当てはまるのか
観光予報プラットフォームを見ながら仮説を立てて行きました。
発散形式で出した課題には
・日帰り観光客ばかりで宿泊客が少ない
・宿泊してまで見たい観光施設が無い
・静岡東部どこに行っても同じような観光施設になる
・行政境界を超えるツアーがない
・プロモーションの仕方が間違っている
・季節を通した通年プランや割引があると東部全体を巡れる
等が上がりました。
これらの仮説を総合すると「地域を超えて宿・食・遊を提供する」という
テーマが妥当ではないかという話になりました。

このテーマに対して、シックスハットシンキングを行い
(1)課題に対して自由にアイディアを出し合う
(2)現在の課題に対して客観的、中立的な立場で意見を出し合う
(3)現在の課題に対し感情的、直感的な意見を出し合う
(4)現在の課題に対し積極的な意見を出し合う
(5)現在の課題に対し分析的な意見を出し合う
(6)現在の課題に対し否定的な意見を出し合う
(7)今までの意見を超えるアイディアを出し合う
という検証を行った結果、
「ビジネスパートナーや顧客ターゲットを明確にする」
「観光施設のハブとサブを定期的に入れ替える」
「自治体の成功体験の仕組みを作り出す」
という三つの課題が出来上がりました。
ハッカソンではこの課題をテーマに、作品を作ってもらうことになります。

選挙前で多忙の方も多いとのことで、久々に少人数での定例会になりましたが
濃い内容の話をすることができたと思います。
みなさんご参加ありがとうございました!

Posted on: 2017年10月22日, by : h.ichikawa

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です