Code for Numazu 第9回定例会(報告)

2016年12月4日(日)Code for Numazu 第9回定例会を行いました。


Codefor numazu(第9回) from Hiroyuki Ichikawa

1、Icebracer


2、グラレコ講座
【沼津の議論を見える化し残そう!】
・簡単な人物の描き方
・色と道具の使い方
・描き進める方法
〜聞きながら書く〜
・1年の沼津市役所との打ち合わせ結果共有
・オープンガバナンスに向けた取り組み
・アーバンデータチャレンジ各地の共有

講師は毎回定例会でグラレコを描いている、いちかわのぞみが代表にサポートを貰いながら務めました。

DSC_0066
描き終わった作品を発表する様子

グラレコを始めて知る人もいる中で、議論の可視化や描くことによる傾聴を体験してもらい
様々な場所でグラレコを使うことの有効性を感じてもらいました。


3、Code for Japan Summit 2016の共有
・基調講演の概要
・たくさんの出会い、外から得られるもの
・全体を通じて感じたこと

Code for Numazuの設立のきっかけとなったSummitに今年はスタッフとしての参加をし
ブリゲード出展で他地域と同じ様に活動をしている人と、話をできたこと
基調講演のモニークさんのお話の中で「あなたは一人じゃない」という言葉が心に刺さったというお話でした。


4、2017年に実施したいこと
・グラレコポータル作ろう! → ふじのくにグラレコポータル
Project化したい、メンバー募集。
イメージは、ピクシブのグラレコ版。ここから描き手さんに発注もあるといいね。
・各地域で活動する人たちを増やし、横の輪を広げていきたい
三島市、裾野市を筆頭に、伊豆の国市、伊豆市、御殿場市、長泉町、清水町など
周辺で活躍している人たちを繋いだり、行政との橋渡ししていきたい。
・インターナショナルオープンデー


5、自己紹介
1年で最初に参加していたメンバーから随分変わってきました。
その中で改めて自己紹介をし、一年の締めくくりとなりました。

Code for Numazu 一年の振り返り from Hiroyuki Ichikawa

Code for Numazuでは今後、沼津だけでなく静岡東部の活動もしていくので、
一緒に活動していくメンバーをいつでも歓迎しています。

Posted on: 2016年12月6日, by : h.ichikawa

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です