裾野の魅力と誇り、考え伝えよう!#1 課題検討&アイデアソン

「裾野の魅力と誇り、考え伝えよう!#1 課題検討&アイデアソン開催」

裾野市では、データを活用し、地域課題を解決するコンテストとして
下記のチャレンジ・オープンガバナンスに参加しています。
http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/padit/cog2016/

– 市民も変わる、行政も変わる!!オープンガバナンス
– 市民も変わる:地域の課題の解決に自分の問題として取り組む市民が増えていきます
– 学生も変わる:市民参加型社会を担う未来の市民に自らを磨く学生が増えていきます
– 行政も変わる:知識と経験を活かして市民参加型社会のプラットフォームとなります

せっかく、課題を出してくれているのに、裾野に縁のある方々が動かないのはもったいない。
本当に役に立つ、楽しい、ほしがる解決案を考えよう!
という趣旨でアイデアを作り上げるためのイベントを開催いたします。

————————————————
○【11/12のイベント内容と募集要項】
・日時 :11/12(土) 10:00-17:00
・場所 :裾野市役所 地下多目的ホール
・内容 :裾野の魅力が発信できていない原因分析と、解決アイデア発散
・参加者:裾野市に縁のある方ならどなたでもOKです
学生さん、親子連れ大歓迎。
・主催 :Code for Numazu代表 市川 博之
(ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ株式会社 シニアコンサルタント)

————————————————
・タイムスケジュール
10:00-10:30  オープニングトーク
チャレンジ・オープンガバナンスの趣旨説明
裾野市が挙げてくれた課題の説明
12月までのアイデア検討の流れの説明
・10:30-10:45  Icebreaker(頭を柔らかくするアクティビティ)
・10:45-12:15  原因分析ワークショップ1 イシューツリーの作成
・12:15-13:15  お昼ごはん(各自持参でお願いします)
・13:15-14:00  原因分析ワークショップ2
原因を解決した際の効果分析
・14:00-15:20  チームごとにアイデア発散
課題を解決するアイデアを発散させます
掛けあわせで利用する、オープンデータや最新技術については
事前に準備しておきます
・15:20-15:40   チーム内で出たアイデアを他チームへ共有
・15:40-16:00  アイデアシート作成
・16:00-16:20  各自のアイデアを見て回る、相互投票
・16:20-16:50  課題検討チーム結成
各チームのアイデアの説明と、サービスについて
5W1Hで語れるようにします。

・次回までの宿題
出てきたアイデアを、皆さん持ち帰り「家族」「友人」「同僚」「近所の人」にヒアリングし
よい点、改善点など意見をもらい、次までにさらにブラッシュアップしましょう

・協力、協賛は現在募集中です。

————————————————
○【イベント開催の背景」
・主催者の地元が裾野市なので、地元の方々と一緒に考えたい。
・裾野市でうまくいく活動ができれば、静岡東部、全国へと活動を広げ、裾野市発の取り組みとし
若い市民の皆さんにも活動できる場、誇れる裾野と思えるものをみんなで作りたい。
・裾野市に縁のある、やる気のある方々、考えがある方々がつながれる場を提供したい。
・Code for Numazuとして培ってきた、アイデアソン、データから見た課題解決の知見を
裾野でも横展開して、地元の方々に考える機会、活動の機会にしてほしいと思っています。
12月末の解決アイデア募集締め切りまでは、総合メンターとして伴走させていただきます。

 

課題検討&アイデアソン

 

ocg%e7%ac%ac%e4%b8%80%e5%9b%9e%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7-01

Posted on: 2016年10月25日, by : h.ichikawa

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です