アーバンデータチャレンジ2016 in 沼津 開催(告知)

アーバンデータチャレンジ(UDC)2016 in Numazu
が沼津市で行われることになりました。

○アーバンデータチャレンジとは http://urbandata-challenge.jp/
オープンデータや位置情報の利活用を考えるコンテスト。
交流型のワークショップを通じて、地域課題を解決するための
データの有効な活用事例応募する。

第一回目のテーマは
「課題を転じてアイディアの実現へ!沼津の未来、今変えよう!」

テーマに沿った課題解決のためのアイディアソンを実施します。
参加条件はイベントを終日参加できる方なら誰でもOK!沼津市民じゃなくても大丈夫です。

・【日時】:2016/10/8(土)

・【場所】:沼津ラクーン3F
http://www.rakuun.net/numazu/

 

・DoorKeeperでの申し込みはこちら

https://0168e91711e4c480d710c70399.doorkeeper.jp/events/51910

 

・【タイムスケジュール(予定)】
10:00 オープニングトーク
10:10 オープンデータ説明
10:30 課題インプット
11:00 アイデア出しセッション
12:10 チームビルディング
12:30 昼食 ※昼食は各自でご用意ください
13:30 各チーム2分間のアイデアプレゼン
14:00 アイデアブラッシュアップ
18:00 最終プレゼンテーション
19:00 相互投票
19:15 講評
20:00 解散

・【ハッシュタグ】#udcnumazu

・【主催】:Code for Numazu
・【共催】:しずおかオープンデータ推進協議会
・【協賛】:UDC2016実行委委員会
ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ株式会社
株式会社コサウェル
株式会社バンデロール
・【後援】沼津市システム課

<主催者より>
今回のアイデアソンは、よくある、一発ネタや、面白アイデアだけ、完成まで結びつかない状態で
終わらせるのではなく、市民が本当に継続して開発したいもの、費用を払ってでも使いたいものを
考える場にしたいと思います。

そのため、沼津の課題(仮)を解決するアイデアの元として、下記のような情報をインプットとして
1、宝100選の認知力向上
2、沼津市役所へのクレームリストから沼津の課題を解決する策
3、沼津市からの課題インプット
4、CfNからの課題インプット
新規性、継続性、効果を評価基準に、「課題解決のためのオープンデータを作る」
「オープンデータを使った役に立つ仕組みを作る」、ことに繋げることを考えています。

※詳細は随時更新予定です。
※賞等も現在検討中です。

・Code for Numazu賞 一緒にアプリを完成させよう!
・CTP賞 世界で一番やさしい会議の教科書

・申し込みはこちらから
http://peatix.com/event/196144/view

 

・お問合せ:
Facebookページからコメント欄よりお願いします。

https://www.facebook.com/CodeforNumazu/

・【広告用チラシ】

%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7-01

~アーバンデータチャレンジとは~

地方自治体を中心とする、公共データを活用した一般参加型コンテストです。
地域課題の解決を目的とし、地理空間情報の流用や活用を促進しています。

アーバンデータチャレンジ公式HP
http://urbandata-challenge.jp/

沼津市民の声点数化一覧

%e5%b8%82%e6%b0%91%e3%81%ae%e5%a3%b0%e6%8e%a1%e7%82%b9%e7%89%88-xls-%e9%ab%98%e7%82%b9%e6%95%b0%e3%82%af%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%a0

Posted on: 2016年8月24日, by : h.ichikawa

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です