Month: 8月 2017

セピアキャット

昨年Code for Numazu が主催したUDC2016 in 三島にて最優秀賞を受賞したセピアキャットが
その後も活動を続け、WEBサイトをリリースしました。
三島の今昔写真をマップ上に表示させることで、三島の歴史に触れたり、世代間交流のきっかけになったり、ちょっとした観光案内として様々なシーンで活用することができます。
また、取り込んだ写真をオープンデータとして保存することで、
市民向けデジタルアーカイブとして写真を残すことも可能です。

<セピアキャットHP> https://sepiacat.herokuapp.com/about

9月から11月までの3か月にわたって三島のまち全体を舞台に見立てて開催する、登録参加型の市民文化フェスティバル「みしまの文化百花繚乱」にセピアキャットが参加します。
(このイベントはUDC2017にも含まれます)
三島の古い写真とエピソードをみなさん是非お持ち込みください。

【日付】2017年9月2日(土)
【場所】静岡県三島市本町3-29本町タワー4F 三島市民活動センター
【受付時間】9:30~16:30 出入り自由、見学のみも大歓迎です。
【お持ちいただく物】
・三島市(または近郊)の古い写真
※ご自身や家族が撮影されたもの、もしくは版権をお持ちのもの

<主催>
みしまセピアキャット
<共催>
Code for Numazu、CSOD、UDC2017実行委員会

<DoorKeeper申し込みページ>
セピアキャット UDC2017〜百花繚乱〜

Wikipedia Town 沼津 #4(案内)

沼津市には実は歴史的な資料や日本最古と言われる古墳があることをご存じですか?
沼津市史には古墳が59件、登録されています、その他にも、記載されていない古墳もあります。
自分達で調べてもっと多くの人に知ってもらえるようWikipediaに登録して地域の文化財の情報を発信しよう、という趣旨のイベントです。

申し込みはこちら!
WikipediaTown #4の申し込み

本年度は3回開催し、高尾山古墳、長塚古墳、清水柳北1号墳、子ノ神古墳、神明塚古墳の記事を編集しました。
(沼津市の民間支援まちづくりファンド事業採択事業です。)
「Wikipedia Town 沼津 #1」
http://www.code4numazu.org/?p=527
「Wikipedia Town 沼津 #2」
http://www.code4numazu.org/?p=582
「Wikipedia Town 沼津 #3」
http://www.code4numazu.org/?p=644

第4回目のターゲットは、「霊山寺横穴」です!

霊山寺は、古墳だけではなく、文化財の宝庫でもあります。
また、お墓の形状も多種多様で知る人ぞ知る、スポットでもあります。
古墳や、鎌倉時代の文化財などを、調査し、記事にしましょう!

WikipediaTownを目指して
情報を調査、収集、編集することで地元をもっと好きになろう!
1、見る・歩く
2、調べる・編集する
3、好きになる
で地元への愛着心を育て、情報発信していきましょう。

—–【編集ターゲット】—–
・霊山寺横穴 【Wikipediaに記載なし】
・梵鐘 県指定有形文化財
・青銅製蔵骨器 県指定有形文化財
・変形宝筺印塔 市指定史跡
・五輪塔 市指定史跡

—–【タイムスケジュール】—–
9:15      沼津市民文化センター 第四会議室集合
https://www.city.numazu.shizuoka.jp/s_yoyaku/htm/01_10.htm
JR沼津駅より徒歩20分ぐらいです。
9:15- 9:25   イントロダクション(市川)
9:25- 9:55  WikipediaTownの説明
9:55-10:10  対象文化財の基礎知識・本の紹介
(基本は現地での説明)
10:10-10:25  霊山寺(徒歩で移動)
10:00-11:40  霊山寺の散策&現地説明
11:40-11:55  沼津市民文化センターに戻る

12:00-13:15  食事&沼津図書館への移動
13:15-16:10  Wikipedia編集開始!

16:10-16:30  発表

アーバンデータチャレンジ静岡キックオフ!(案内)

<公民連携、オープンガバナンスへ>
オープンデータを活用した住民参加型の地域課題解決は、これからの時代の
公と民で必要な部分を共に作り出す、オープンガバナンスへ繋がります。
まだまだ、静岡東部ではこのシビックテックと呼ばれる活動が始まったばかりであり住民側から課題解決のために必要なデータの要望や活動が十分ではありません。アーバンデータチャレンジやオープンデータディなどを通じてオープンデータに
ついて、地域の課題について考える場を持ち、自分ごととして課題解決できる
シビックハッカーを増やしていきましょう。
また、行政境界でデータの分断が起こってしまっては、災害時のデータ、AEDの位置情報など利用できないデータもあります。行政にこだわらず広域に共通化するため東部全体で盛り上げていく必要もあります。是非、東部に住んでいる方々の力を
合わせて、共に一つとして使えるオープンデータを目指しましょう。

申し込みはこちら!
アーバンデータチャレンジ静岡キックオフ

[9月のキックオフイベント]
今回のキックオフでは、アーバンデータチャレンジの説明と、参加者の取り組み
説明や市民の皆さんとの情報交換の時間に充てたいと思います。
・アーバンデータチャレンジの概要の説明
・シビックテックについての講演
・参加予定の団体さんの所信表明
・ミートアップタイム

また、先進的な交流の場となれるようにゲストを呼んで
各地の事例をお話していただけたらと思っています。
その為にクラウドファウンディングを実施中ですので、皆様是非ご協力をよろしくお願いします。
https://faavo.jp/shizuoka/project/2108

Code for Kusatu 真夏の☆マッピングパーティ

2017/8/6
滋賀県草津市で行われた、Code for Kusatu
真夏の☆マッピングパーティーに参加してきました。
マッピングパーティーが初めての草津にマッピングパーティー自体や
OpenStreetMap、U-mapについてなどの講師として
Code for Nara、Code for Saitama、Code for Gifu、Code for Numazuの
メンバーが数人参加し、飛び出し坊やのマッピングを行いました。

飛び出し坊やは滋賀県が発祥であり、地元の企業が手作りで
地域に寄付しているものや、地域の自治会が建てているものまで
様々な経緯や絵柄の飛び出し坊やがあり、訪れた草津市長も
子供達にこう言ったことを知ってもらいたいと仰ってました。

また、かき氷機を自宅から持ってきてみんなに振る舞うなど楽しみながら
地域のことを知ってもらおうとする草津ならではの取り組みがありました。

また、子供達の書いた飛び出し坊やの絵をU-mapのピンの絵にしようと
Code for Numazu のメンバーが講師となり
2〜小学生高学年と一緒に、飛び出し坊やお絵かき大会も行われました。

懇親会では普段疑問に思っている地域のモヤモヤや、活動の取り組み方などをかわしながら地酒を堪能しました。
○津という地名の共通点から意気投合したメンバーは○津サミットを
開きたいなど会話は尽きることありませんでした。

奥駿河湾海浜祭

2017/8/3
静岡県沼津市の奥駿河湾海浜祭にて子供向けの
電子工作教室を開催しました。
小学生〜中学生を対象にした教室は無料で利用でき
約50人の子供達が参加しました。

子供達にはプラ板にマジックで絵を描いてもらい
それをCode for Numazu のメンバーがライトや
電池をつける作業を手伝って、光るネックレスを完成させました。

また、お祭り実行委員会であるNPO奥駿河燦々会より
ラブライブサンシャインの痛車の展示会を依頼され、
メインステージの裏に7台の痛車を展示することになりました。
痛車のオーナーさん達は思い思いのお祭りを楽しみ
ラブライブサンシャインの聖地となっている松月様より
みかんどら焼きの差し入れも頂いたりと、地元の方達をの交流を図っていました。

2017/8/4 沼津朝日掲載
2017/8/4 ケーブルテレビ トコチャンワイド放送